ウオータースライダーからやってくる

水蒸気蒸留は、液体の物質を気体にし、さらにもう一度液体に戻して取り出す方法です。

+Fの精油もこの方法で、細かく砕いた檜を加熱した釜で蒸留しています。

はじめてこの蒸留装置を間近で見た時、細長いガラスの中の螺旋状の管と、そこをクルクルとながれる水の動きの面白さに感動しました。
プールのウォータースライダーのミニミニ版みたいな水の流れに、この蒸留装置を見た人の多くが興味を持って眺めます。

更に時間の経過とともに、薄い琥珀色の液体がガラスのループを下って、1滴1滴溜まる様子も驚きがあります。


このループを流れる水とオイルの光景は 檜原村の東京檜研究所や三鷹のファブスペースみたかで、蒸留の度に見ることができます。
是非、楽しいこのウォータースライダーショーを間近でご覧になりませんか。
(2020年4月24日時点では新型コロナの影響で両店ともに休業都市、閉めています。)

おうちでリラックスできる檜雑貨をご紹介しています。
http://plusfff.com/
https://plusfff.thebase.in/

【お知らせ】アスクル様でのヒノキ[幹]精油・蒸留水の販売開始

今月より、通販サイト アスクル様での下記4商品の販売を開始いたしました。どれもお家でお気軽にヒノキの香りをお楽しみいただける商品です♪

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

●檜原産 ヒノキ[幹]100%精油(5ml)

●檜原産 ヒノキ[幹]100%精油(20ml)

東京都檜原村直送、檜/幹100%の精油(エッセンシャルオイル)です。採油に使用する「タンコロ」と呼ばれる根木(ねもく)部分や生のヒノキは、αピネンが多く含まれており、リフレッシュ効果があると言われています。
精油の使用例として、お風呂に2~3滴垂らすとお家でヒノキ風呂をお楽しみいただけます。上記の使い方を5mlサイズでされた場合、1ヶ月半~2ヶ月ほどご利用いただけます。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

●檜原産 ヒノキ[幹]蒸留水(200ml)

●檜原産 ヒノキ[幹]蒸留水(1000ml

東京都檜原村直送、檜/幹100%の蒸留水(芳香水)です。水は、檜原村の山から湧き出る秋川の清流を使用しています。精油と同様に化学物質やアルコールを一切配合していないため、生活のあらゆるシーンで安全にお使いいただけます。
衣類や靴、カーテンやソファ、テーブルや玄関などにスプレーし、広がる森林の香りをお楽しみください。
ヒノキ成分による防虫・防臭・抗菌効果も期待でき、観葉植物や窓際、靴箱など、においや虫が気になる場所への吹きかけもおすすめです。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

アスクル様からご購入いただいた際の配送・配送料については下記のようになります。

※配送に関する詳細はアスクル様Webサイトをご確認ください。
https://www.askul.co.jp

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

外出自粛の日々が続いていますが、こんな時こそ「生き生きとした森の香りを皆様の元にお届けしたい」と従業員一同願っております。リフレッシュ&リラックス空間作りにおすすめです♪

[展示会出展]やまなし産学官連携研究交流事業(2019年度)

今年から来年にかけての+F新商品に関する研究にについて、先行して山梨県にて研究発表を行います。この研究によってヒノキの精油の新しい使い方をご提案できるようになります。来年の半ば以降の+Fの新製品、どうぞご期待ください。

https://www.pref.yamanashi.jp/sangyo-rt/sangakukan/kenkyu_happyo.html

ヒノキの香りは+Fにご相談ください。

私たち+Fは、上質なヒノキの香りをお届けするために、檜原村に自社研究所を設立し、香り研究・抽出・製品開発を行っています。

それは、何よりもフレッシュな状態の材料を山の清水で水蒸気蒸留したいと考えているからです。
学術的にも「リラックス効果」が立証されているヒノキの葉はあっという間に乾燥してしまい、山で目の前で伐採をしてもらったときに感じる香りを再現するのはとても難しいと感じています。もちろん、採油の時期にもよりますが、天然素材の良さを忠実に再現することの難易度はとても高く、化学香料の安定感にはかないません。

「上質」の定義はいろいろあると思うのですが…
私たちは林家の方たちが日々感じている「切りたての山の香り」や登山をしたときに感じるあの「すがすがしさ」をどうにか日々の暮らしに提案したいと考え、研究所で試行錯誤を繰り返しながら製品を作っています。

1キロの材料から5㎖ほどの採油が平均値なのですが、季節や部位によって採油量は全く変わってきます。一般的には、このように供給量の不安定な製品を作り続けることは、好まれないのかもしれません。しかし、私たちはどの山でとれた檜でいつ採油したのか、このことをしっかりと明確することで安心・安全なヒノキの香りをお届けしたいと思います。

はじめにヒノキの香りをお届けするきっかけとなった三鷹でのお客様との出会いを裏切らない製品づくりを心掛け、ヒノキの香りの魅力である「リラックス(快眠)」「リフレッシュ」「抗菌」をカタチにしていきたいと思います。

ファブで実験! ~檜の水蒸気蒸留~

ファブスペースみたかのガラス越しに見える銀の寸胴とくるくるしたガラスの管は、いったい何?と、不思議そうに横目でみて通る人や、足を止めて眺める人もいる蒸留装置。

5月に檜の精油蒸留用の蒸留釜がお目見えして、たくさんの方に注目していただいています。

こういった機器を見ると、学生時代に化学の実験でフラスコや試験管などの実験器具に触ったことを懐かしく思い出すと同時に、理系

でも、蒸留が始まって温度が上がり、螺旋状のガラス管を水がくるくる回って動くなんとも不思議な様を見ているだけで楽しくなり、フラスコに精油がポコポコ落ちてくるのが嬉しくなる、そんな蒸留装置です。

私は機器は苦手!という方も、精油の精製過程を間近で体験していただくことで、香りについて、より身近に感じ新しい発見があるのではないかと思います。

◎ワークショップ開催はファブスペースみたかHPをご覧ください。 https://fabmitaka.co/docs/2019062100014/


黒文字 ~和菓子・利休・いい香り~

+Fのフレグランスには檜の幹や葉と共に黒文字のオイルも配合されています。黒文字といえば、和菓子をいただくことに使うあの楊枝…….のイメージでしょうか。

黒文字の枝は高級楊枝の材料として広く知られ使われている他、香料として使われるなど香りもよくオイルも抽出されています。

江戸時代、歯をきれいにするため消臭効果のある黒文字の枝を使ったというくらい活用されてきたそうです。

+Fの原料 檜の産地・檜原村の山にも、黒文字の木も多く自生しています。
この自然の素材・香りを小瓶に詰めたのが+Fの精油・黒文字です。

希少な精油になるので、めったに店頭に並ぶことがなく、ご予約での販売になるのですが、直販店 ファブスペースみたかにお越しの際はぜひお声掛けください。

檜で手軽で便利なハウスキーピング

匂いや香りに関心を持つ方が増えている昨今ですが、自然な香りで、より安心感のある香りや素材をと考える方も多いと思います。

女性だけでなく男性も関心が高まっています。衣類を収納するクローセットや衣装ハンガー、靴を収納する玄関……天然の匂い消しを、と思ったら+Fの檜棒がお勧めです。
檜には癒しや消臭をはじめいろいろな効果があるといわれていますが、防虫効果もそのひとつです。

檜棒に1,2滴、檜の精油を浸み込ませ、玄関やお部屋・クローゼットなどに吊るしてご使用ください。 

直販所 ファブスペースみたかでお試しいただけます。

檜の幹と葉

檜の葉から抽出した精油(エッセシャルオイル)はフレッシュな香りで鎮静効果、幹にはリフレッシュ効果があるといわれています。
+Fの精油2種も香りにそれぞれ個性があります。

確かに葉のオイルは一日の終わりに疲れをとる時に夜ゆったりと包まれたい香りです。

幹のオイルは1日をスタートさせる朝のすっきり目覚め枕元にピッタリかと思います。

精油のほか、手軽に自宅でも外出先でも森林浴効果を期待できるフレグランスを開発し、商品化ています。

直販所 ファブスペースみたかでは、檜原村から直送、鮮度の高いフレグランスをお試しいただけます。

「いい湯だな~♪」檜のお風呂で温泉気分

+Fの檜のエッセンシャルオイルを湯船に2,3滴!
すると、豊かな癒しの香りがバスタブいっぱいに広がります。

この数滴で、1日の疲れを解きほぐすバスタイムが穏やかなリラックスタイムになることまちがいなし。

日々の生活の中で、手軽に温泉気分に浸れたり、面倒な準備もいらずリラックス・リフレッシュできる癒しの檜の精油です。

ファブスペースみたかでは、檜の精油はじめ、檜のフレグランスや香りを楽しむための付属グッズも店頭でご覧いただけます。
ほっとするひとときを檜の香りとともに創ってみてはいかがでしょう。

大地讃頌 ~+Fのふるさと~

空気が澄み、美しい水が湧く、星が美しい檜原村は、島嶼部(とうしょぶ)を除いた本州内の東京都における唯一の村です。

ここで+Fの製品たちが生まれます。いわば+Fのふるさと。

「緑とせせらぎと風の音」という村のキャッチフレーズ通り、9割が山林という自然
溢れる檜原村。

JR五日市線の終点、武蔵五日市駅から緑の森を車で走ること30分。埼玉県・山梨県との境に位置し、都心からのちょっと足をのばせば、東京でありながら緑と清流が体験できる……と多くの人が訪れています。

+Fの精油も、豊かな自然の中で、穏やかにじっくりと、1滴1滴が生まれています。
ちょっと足をばしてのばして爽やかな緑とすがすがしい風を感じながら、+Fのふるさとを体感してみませんか。

◎檜原村に行くには https://www.vill.hinohara.tokyo.jp/0000000059.html
(地図画像:檜原村公式HPより)